ブログ

2016 / 05 / 11

ヘアマニキュアはボーダーのシャツを染めるのと同じ?<マニキュアの仕組み、図解あり>

今回はヘアマニキュアの仕組みについてちょっとお勉強の回です!

少し前に書いた記事

 

と合わせて読んでいただくとよりわかり易いと思います!

はじまりはじまり~

 

皆さんはヘアマニキュアってどんなイメージがありますか?

「明るくなりにくい?」とか「ダメージは?」とか「色がビビットにはいる」などなど。

なんとなくマニキュアのイメージはあるけど、ヘアカラーとの違いってはっきり言えないなという感じでしょうか?

今回も図解ありでご説明させていただきます。

今回はボーダーのシャツを髪の毛に例えて染めていこうと思います!

カラーの仕組み図10.png

ボーダーの白い所、黒い所を髪に例えて話していこうと思います。

黒い所→黒い髪の毛

白い所→白髪orブリーチ等でかなり明るくなった髪

ヘアマニキュアの仕組み図2.png

 

 

まずヘアマニキュアはヘアカラーと違って脱色力がありません。(前回でいう漂白剤です)

カラーの仕組み図3.png

つまり脱色力のない絵具のようなものなのです!

カラーの仕組み図4.png

これが方程式です!

脱色(漂白力)がないので、髪へのダメージはほぼありません。

髪のダメージを気にされる方や、ヘアカラーのアレルギーがある方などには特にオススメできるカラーとなっています。

 

この方程式が分かった所で、ボーダーのシャツをピンクで染めてみましょう!

カラーの仕組み図5.png

黒い所(黒い髪)には色が入ってないですよね…残念。

だけど、白い所(白髪orブリーチ毛)は絵具の色がよくわかりますよね!

と言うのがヘアマニキュアなんです!

ボーダーのシャツもキレイに染めましょう!

カラーの仕組み図6.png

原色もキレイに染まるマニキュアはカラーチャートを見ても、とてもきれいな原色がラインナップされています。(特に下の段の色とか)

ヘアマニキュアのカラーチャート

もちろん原色ではない自然な茶色もたくさん種類があります。

 

 

岩澤の一番近くにいるヘアマニキュアで染めてるのが母親なんですが

1.png

母親もピンクで染めてます(笑)

IMG_1776-001.JPG

よく見ると地毛の黒い所(黒髪)は黒いままで、白い所(白髪)はイイ感じのピンクです

(だんだんピンクの範囲が増えてる気がする…)

 

シャツを洗濯すると色落ちするように髪に染めたヘアマニキュアもシャンプーで落ちていきます。

カラーの仕組み図8.png

2ヶ月経つとだいぶ地毛の白髪に近くなっていくので定期的に染めるほうがキレイな色が楽しめます。

普通のヘアカラーと違うのが、毎日のシャンプーで落ち切った髪は茶色ではなく、白髪の白に戻ってしまう事です。

また、落ちる色も濃いので、日々のお風呂上がりのバスタオルは白以外がイイと思います(白だと色落ちで色が付いちゃう可能性があります)

 

 

まとめ

  • ・ヘアマニキュアは脱色力のないカラー剤
  • ・地毛が白髪orブリーチ毛などには原色っぽい色がキレイに入る
  • ・地肌に付けて染めないのでアレルギーの心配がない
  • ・毎日のシャンプーで色落ちする
  • ・髪にダメージがほぼない

 

 

ヘアマニキュアの特徴、少し伝わりましたでしょうか?

色々あるカラー剤、その特徴を知ってヘアライフお楽しみください。

今回の話もざっくりなので、もっと詳しく知りたいって方はマニアック岩澤にご来店時などに聞いてみて下さい(笑)

 

 

IMG_5076.JPG

ゴールデンウイークはたくさんのお客様にご来店いただきありがとうございました。

ビックリするぐらい忙しいゴールデンウイークが終わり今週はゆったりなのかなぁ。

お客様のいろいろな話が聞けて忙しい中でも充実した日々でした。

今週もメリーフヘアー元気に営業中です!皆様のご来店お待ちしております。