お電話
blog
2021-07-06 08:03:00

美容院、ピアス開けたあといつから?

 

美容院にピアスをつけたまま来店しても大丈夫、迷惑ではありません。

透明なピアスや小さなピアスの場合は外さずにカットやカラー、パーマをすることができます。

大きなピアスの場合は美容院側から外して施術をしたいと伝えられます。

施術中にコームや櫛で引っ掛けて、ホールが傷つく場合があるからです。

 

 

美容院は楽しむ所、ピアス好きならピアスしていきましょう。

 

 

美容師側がやりにくいようなピアスのサイズや形であれば

 

「ピアス外していただけますか?」

 

 

 

と声かけがあります。

 

 

 

そしたらその場でピアスをとればいいのです。

 

 

 

うちの美容院でもピアスを外してもらう場合とピアスを付けたままの場合があります。

 

 

 

ピアスを外してもらう場合は大きいピアスやぶら下がってるピアスなどです。

 

 

 

ピアスを付けたままの場合で施術しちゃう場合は小さいピアスや透明ピアスなどです。

 

ピアスはすぐにはずせるものなのだし、けっこうな確率でピアス付けてご来店されるお客様が多いです。

 

 

なので美容師側からすると特に何も思っていません。

 

あまり深く考えないでいいですよ。

 

ただ、開けたてのファーストピアスの場合はちょっと違います。

 

 

美容院をファーストピアスを開けたあとに行く。

 

 

ファーストピアスを開けた直後、次の日に美容院に行くのはおすすめ出来ません。

 

ファーストピアスは人によって膿んでしまったり、痒くなったり、触ると痛かったり。

 

普通ではない状態でカットやシャンプーパーマ、カラーなどをすると、耳に当たる度に不快な思いをするからです。

 

 

ファーストピアスを開ける場合はピアスを開ける前に美容院に行って髪をキレイにしてからファーストピアスを開けましょう。

 

 

ファーストピアスを開けてしまった場合は、耳が落ち着くまで待って美容院に行くのが無難です。

 

 

どうしても行きたいという場合は美容師さんに

 

 

「ピアス開けたてです」

「ファーストピアスを昨日開けました」

 

など施術前に伝えてください。

 

出来る限りの対応をしてくれます。

 

ピアッシング直後でもホールが落ち着くまで、1週間から1ヵ月おいたタイミングで美容院に行きましょう。

 

 

 

美容師はお客様のピアスは迷惑? 断られる?

 

「ピアスをつけたままのお客様が迷惑ですか?」

 

って聞かれたことがあります。

 

美容師側の本音は

 

「迷惑ではないです。気にしないでイイですよ。」

 

です。

 

ピアスつけているだけで断ったりすることはありません。

 

ピアスを外して美容院に行くようなマナーもなく、美容院で言われたら外せばいいぐらいのラフな感覚でオッケーです。

ただ、つけていることでのデメリットもあるので紹介します。

 

  • ・ピアスがコームや櫛に引っ掛かる場合がある
  • ・金属ピアスはドライヤーで熱を持つ場合がある
  • ・カラーやパーマの薬剤でピアスが変色する場合がある

 

 

 

毎日サロンワークをしていてもほぼないのですが、可能性としてあるかなぁぐらいですが。

 

 

 

ピアスがコームや櫛に引っ掛かる場合がある

 

耳にかかる髪型の場合はコームが耳の近くを通ります。

 

ギリギリにコーミングすることで正確なカットが出来るんです。

 

なのでピアスを意識してカットラインがガタガタになっても意味がないので大きいピアスの場合は外してもらうということです。

 

立体感のないピアスであればコームに引っ掛かることはほぼないので、外す必要がないかなと思います。

 

でも、お客様に不安がある場合は、小さいピアスでも外した方がストレスなく美容院での時間を過ごせると思います。

 

20年ぐらい美容の仕事をしていますが、小さいピアスでコームを引っ掛けたことはないので確率はかなり低いです。

 

 

 

 

金属ピアスはドライヤーで熱を持つ場合がある

 

金属のピアスはドライヤーや遠赤外線のローラーボールで熱を持つ場合があるかもしれません。

でも、耳だけにドライヤーや遠赤外線の器具で温める事もしません。

 

なのでやっぱりほぼない事例です。

 

 

 

 

カラーやパーマの薬剤でピアスが変色する場合がある

 

カラー中は耳カバーをするのでピアスにカラー剤がつくことはありません。

 

でもシャンプー中に落としているカラー剤はピアスにつきます。

ほんの一瞬ですがそれで変色する可能性があります。

とくにマニキュアは色がついちゃう場合があるので注意が必要です。

 

パーマは1液や2液の放置中に付けた薬剤が垂れてきてピアスにつく場合があります。

 

ターバンなどで薬剤漏れをカバーしていますが、可能性はゼロではありません。

 

透明なプラスチックなピアスならいいのですが、金属などの変色しやすい素材の場合は取るほうがいいでしょう。

 

 

 

美容師側も注意を払って施術をしています。

 

可能性を書きましたが、気になる方はピアスを取って施術を受けるのをおすすめします。

 

ピアスが気になってリラックスできないのはもったいないですもんね。

 

 

 

美容院がピアスしてるお客様の対応する事

 

ピアスをしているお客様がピアスが取れない状況で対応出来る事もあります。

 

施術中の耳カバーで耳と一緒にピアスも守ります。

 

耳カバーはゴムで出来ているのでちょっと大きめのピアスでも耳全体をカバーするように覆ってピアスを守ることができます。

 

 

パーマやカラーの場合は付けますよね。あれです。

 

放置中やシャンプー中もイヤーキャップをしていれば薬剤の接触も防ぐことが出来ます。

 

(シャンプーちょっとやりにくいけど…)

 

 

 

薬剤をつかう縮毛矯正やカラー、パーマの施術後は家でピアスの周辺を消毒することをおすすめしています。

 

もしもついてたらよくないからね。

 

 

 

ピアスつけたまま美容院でカラーって?

 

ピアス付けたまま髪染めって問題ありません。

付けたままで毛染めするお客様たくさんいらっしゃいます。

 

「ピアスあけて髪染めいつからですか?」

 

って聞かれますが、気にならなければ当日でもカラーは可能です。

 

もちろんカットも大丈夫です。

 

開けた日に耳に違和感ある場合は、あまり施術はおすすめ出来ません。

 

が、

 

やろうと思えば出来ますし、そのあとしっかり耳を消毒すれば問題ありません。

 

 

 

 

 

 

ピアッシング直後、ピアス開けたてカラーってちょっと心配事。

 

ピアス開けたてって膿んでたりしますよね。

 

毎日消毒して汚れや垢をを取らないとダメだし。

ピアスホールが塞がるかわからない状態でカットやシャンプー中に美容師の手が当たるのは痛いし、気になりますよね。

 

ファーストピアスで炎症がある場合や耳トラブルがある場合はなるべく美容院には行かないほうがいいです。

 

 

たとえ絆創膏やイヤーキャップ、耳カバーで保護しても、痛いのは痛いですよ。

 

 

 

 

ブリーチは加温する場合があるのでちょっと心配がある。

 

カラーの中でもブリーチを使うハイトーンのカラーは加温(温める作業)があるのでよりファーストピアスホールに負担がかかるかなと思います。

 

穴が膿んだりしていると熱を持ったりしているので痛さが助長する可能性があります。

 

 

 

 

ピアスを開けるタイミングが選べるのであれば、

 

ブリーチカラー → ピアッシング

 

のほうが体に負担がありません。おすすめです。

 

 

 

軟骨ピアスでも美容院は大丈夫?

 

 

ピアスの中でも特殊なピアスについて考えてみます。

 

  • ・軟骨ピアス
  • ・インダストリアル
  • ・トラガス
  • ・アウターコンク
  • ・ラージゲージ

 

 

など、一般的な透明で耳たぶに開けるピアスと違ってサイズや形が様々です。

 

 

軟骨ピアスと美容院のリスク

 

軟骨ピアスはヘリックスの高い位置にあるリング状のピアスはコームに引っ掛かりやすいです。

 

簡単に言うと、軟骨ピアスで外側に出ているピアスはちょっと注意が必要。

 

内側に入っているピアスやリング状ではなく玉状のピアスであれば軟骨ピアスでもヘリックスでも問題ありません。

 

2連3連のスパイラルバーベルのピアスは絶対コームが引っ掛かりそう…。

 

 

 

 

インダストリアルは美容院でもオッケーなのか?

 

インダストリアルのピアスはちょっと邪魔です。

 

ストレートバーベルが耳の内側に入っていても外して美容室に行くのが無難です。

 

髪型でショートカットをする場合に耳回りをカットするときに耳を折り曲げてカットしたりするんです。

 

 

耳のふちの髪はギリギリまで生えているので直接カットすると耳が危ないんです。

 

 

その耳を折り曲げてカットするときにバーベルがあるとまず無理ですよね…。

 

 

正確なカットが出来ないのはもったいないです。

 

 

 

トラガスはカット中、邪魔じゃない?

 

耳の軟骨ピアスで人気のあるトラガスはカットしていてあまり気になりません。

 

かなり内側にあるピアスで、ピアス自体のサイズも大きいのをつけている人があまりいません。

 

 

トラガスでもリング上はちょっと気になるけど、引っ掛けたことないし、取らなくても問題ない場所と言えると思います。

 

トラガスは可愛くておしゃれですよね。個人的にも好きです。

 

 

アウターコンクでヘアカラーする?

 

アウターコンクピアスは内側で美容院の施術中にはあまり関係ないので外さなくてもイイでしょう。

 

アウターコンクはリング状のピアスをあまりみません。

通常のピアスであれば、耳にかぶっているのでコームで当たる心配もないしカラーでも耳キャップで隠せる場所なので大丈夫です。

 

ファーストピアスでアウターコンクに開ける人もあまりいないと思うので、その辺はピアス慣れした方が美容室に行くのでコミュニケーションも円滑ですよね。

 

 

 

ラージゲージでパーマ縮毛矯正?

 

ボディピアスのラージゲージはイヤーロブと同じです。

 

でもラージゲージは立体的なデザインサイズのピアスが多く、大きいものは美容院では外した方が無難です。

 

単純な円形の耳に収まるラージゲージなら問題ないのですが、耳から出っ張るようなオリジナルなデザインは櫛に当たる場合があります。

 

ピアスサイズは大きければ大きいほど邪魔になります。(当たり前)

 

 

 

 

 

美容院でピアスが外せないときは

 

「ピアスが外せない」

 

 

って方はたいていピアスが開けたての方。

 

 

ピアスが気になって美容院行けるか迷っている人は、

 

ピアスホールが安定するまで美容院に行くのを我慢しましょう。

 

膿んでたり炎症している場合も同じです。

 

 

美容院の施術ではその耳に負担がかかります。

 

 

 

 

美容院側はファーストピアス開けたてのお客様もたくさんご来店します。

 

中には炎症している場合もありました。

 

本人が気にしていない場合は通常通り施術もします。

 

ピアス開けたてで施術を断ることはありません。

 

 

 

 

 

結局、ピアス開けた本人が決める事ですね。

 

ちょっとでもコームなどが当たって嫌な人は美容院を我慢。

 

ちょっとぐらいなら大丈夫だから髪切りたい、カラーしたいって人は美容院行ってもいいです。

 

 

 

 

 

 

ピアスを開けたらボブやショートカットに挑戦してみては?

 

ピアッシングをしたらぜひ短めのスタイルにチャレンジして見てください。

 

耳掛けスタイルでピアスもチラ見せ。

 

ミニボブ、やマッシュショートなど耳にかけやすい髪型がやりやすいです。

 

 

特におすすめはアゴラインのぱっつんボブ。

 

レイヤーを入れずに外ハネにもできるボブは耳にかけても落ちにくい。

 

アレンジもしやすくて内巻きの切りっぱなしボブにも出来るし、アイロンやコテで外ハネでカジュアルにしてもよし。

 

それで耳にかければ小さなピアスでも存在感ばっちりです。

 

ボブのアレンジはバームやワックス、オイルでウェット感を出しながらのセットアレンジがやりやすいです。

 

 

 

 

 

男のピアスはダントツマッシュかセンターパートできまり

 

メンズピアスはマッシュやセンターパート、フェードカット、マンバンヘアなど相性が抜群。

 

 

基本メンズカットは耳の出るショートスタイルが多く、ピアスが目立つからです。

 

せっかく開けたピアスなら、目立っておしゃれを楽しむのがいいですよね。

 

特にマッシュのアンニュイな感じとオーソドックスなイヤーロブで柔らかな印象になります。

 

 

センターパートはかっこいい印象になるので軟骨やインダストリアルでよりクールに決めるのがおすすめ。

 

 

フェードカットはラージゲージで無骨な印象に仕上げるのもイイかも。

 

フェードカットはキレイなグラデーションで色彩がきまっているのでモノトーンのピアスで男らしさを表現するのが相性がいいです。

 

 

マンバンは色っぽさのある上品なスタイル。

 

小さなピアスで髪をおろしたときにはわからないサイズでも、後ろで結んだ時にちらっと見えるピアスはおしゃれな印象に。

 

ヘアゴムとピアスで色を合わせてファッションとしても楽しめます。

湘南台の美容院,美容室メリーフヘアーに戻る