お電話

blog

2013-11-20 15:15:00

流さないトリートメントの効果を最大限生かす方法

最近使ってる方も増えてきた流さないトリートメント、その流さないトリートメントは使い方によってトリートメント効果が弱まってしまう場合があります。

流さないトリートメントの使い方、知ってる方も多いと思いますが、復習と思って読んでみて下さい。

髪に流さないトリートメントを付けるタイミングは大きく分けて3つ!

 

お風呂からあがって髪をドライヤーで乾かすとき

一つ目はドライヤーで乾かす時です。

髪の毛で傷んでいるところは毛先ですよね。その傷んでいる毛先は傷んでいる分、他の所より乾燥しています。その乾燥している毛先に何もつけずにドライヤーで髪の毛を乾かしていくと毛先が先に乾いてしまいます。同じタイミングで根元付近はまだ乾いていないことが多いのでまだドライヤーを使って全体を乾かさなければなりません。その時毛先はより乾燥が進んでしまいます。

その乾燥しすぎる毛先をカバーしてくれるのが流さないトリートメントなのです。なのでドライヤーで乾かすときはぜひ毛先中心に流さないトリートメントを付けて下さい。

付けるときは髪の毛をタオルドライにして、濡れている状態で流さないトリートメントを適量手に取って毛先中心に塗布します。 粗めのクシなどでとかすと流さないトリートメントが少量でも髪にまんべんなく付けることが出来ます。 ドライヤーで乾かすときは(傷んでいる毛先が先に乾いてしまう)という事を頭に入れて根元付近から乾かすといいと思います。

 髪の流さないトリートメント使用方法

 

ブロー後の仕上げに

毛先は外出中でも乾燥しがちですよね。その毛先の乾燥を抑えてくれるのがブローの仕上げに髪につける流さないトリートメントです。

ドライヤーで乾かす時と一緒で毛先中心なのですが、仕上げにつけるときは毛先プラス髪の表面に軽くつけてあげると、毛先のパサつき、広がりを抑えてくれるのと、表面の整ってない毛(通称アホ毛)がまとまります。

表面につけるときは軽くつけるのがポイントです。しっかり手に伸ばしてつけてあげるとまんべんなく髪につけることが出来るのでやりやすいです。

髪に流さないトリートメント付ける順番は最初に毛先を付けてから、次に手に残った流さないトリートメントを表面につけるようにすると表面に付け過ぎることもなく、自然仕上がります。

 

外出中にもつけてもらいたい

特に夏と冬、髪には負担のかかる季節です。

夏はやはり紫外線ですよね。5月6月から急に強くなる紫外線、その紫外線ダメージから髪を守ってくれるのが流さないトリートメントです。ブローの仕上げに付けてもその紫外線ダメージは日中外にいるだけで蓄積していきます。化粧直しのタイミングで髪がパサついているのか、状態をチェックして必要であれば軽くつけると紫外線ダメージを受けにくくなります。

冬は乾燥ですよね。ロングの方は特に静電気もおきやすくまとまりにくい髪になってしまいます。 そんなコンディションの時は髪もいたわるように外出先でも軽く流さないトリートメントを付けると髪の毛も喜んでくれると思います。

髪の毛先を大切にしていると、普段からまとまりやすい髪、広がりにくい髪になっていきます。ぜひ髪の毛先いたわってあげて下さい。

流さないトリートメント外出中

more