ブログ

2013 / 11 / 21

30代を超えた男性はスキンケアがマストな理由

男性の30代は髪の毛だけではなく肌も曲がり角な年齢、そのスキンケア、メンズグルーミングの大切さをお伝えします。

30代だけではなく、40代50代と30代以上の男性にぜひやっていただきたいスキンケアです。

 

30代男性(メンズ)の肌の特徴

30代男性は20代と違って様々な肌の変化が出てきます。

まず男性は女性と比べると顔の皮脂が多く分泌され肌表面は皮脂の多い状態が長く続きます。皮脂が酸化すると汚れになりやすく、肌のケアをしてあげないと毛穴に詰まり黒ずみとなって肌トラブルが起きやすくなります。小鼻の黒ずみなども皮脂が関係しています。(朝顔を洗っても夕方には顔がテカテカで皮脂の多いコンディションになりますよね。)

同じ男性でも20代と30代では分泌される皮脂の量も変わります。驚きなのですが20代より30代の方が肌から分泌される皮脂が多いのです。男性は30代をピークに分泌される皮脂が少なくなります。

生えてくるヒゲも20代より30代の方が濃く、太くなる傾向にあります。毎日ヒゲを剃る方がほとんどだと思いますが、毎日ヒゲを剃る鼻下やあごは常に乾燥していて(Uゾーン)、額と鼻先は常に皮脂でベタベタ(Tゾーン)、ケアする特徴の違う30代男性の肌はとてもデリケートでスキンケアしなければならない肌なのです。

 

岩澤の実体験

メンズ スキンケア メンズグルーミング

岩澤も20代より確実に30代の方がヒゲが濃くなっています(笑)

学生から社会人になり毎日のようにヒゲを剃るようになり、Uゾーンの乾燥に悩むようになりました。特に冬は空気が乾燥していてヒゲを剃った後、かゆくなったり、粉をふくようになり個人的にスキンケアを学ぶようになりました。結局髭剃り後ローションやらミルクやらを付けると肌もつっぱらず、快適に過ごせるようになります。

でもベタベタするローションは嫌だったのでいろいろ探してメンズ専用のリフトアップミルクを使っています。

肌トラブルいろいろあると思います。まずは相談してみて下さい。アドバイスできるかもしれません。

 

男性のスキンケアの仕方

基本的にはヒゲ剃り後のデリケートな状態の時に行ってください

  1. シェーブローションをつけてヒゲを剃る
  2. ローション(化粧水)で水分補給
  3. ミルク(乳液)で肌を保湿

 

1シェーブローションをつけてヒゲを剃る

乾燥状態でヒゲを剃るのは肌に負担がとてもかかります。肌の保護、ヒゲの軟化を促してくれるシェーブローションをつけるのと毎日の肌のダメージが違います。

ひげそりのオススメの仕方はこちらをごらんください。 楽チンなヒゲそりのススメ 

2.ローション(化粧水)で水分補給

ひげそりなどで乾燥した肌に水分を補給する目的でローション(化粧水)をつけていきます。ヒゲソリ後Uゾーンは特に乾燥しやすいので多めにつけます。軽くたたくようにして顔全体になじませると効果大です。

3.ミルク(乳液)で肌を保湿

ミルク(乳液)は化粧水をつけた後、保湿をする意味でつけていきます。優しく顔全体になじませるようにしてつけると保湿効果が上がります。乳液には肌を紫外線から守ってくれるタイプもありますので、季節に合わせて使い分けると肌の調子が良くなりますよ。