お電話

個人サロンと大型サロンの違いを知ろう

salon

今回の記事は理容師でも個人店でしか働いたことのない方、大型店でしか働いたことのない方はもちろん、これからサロンを決める新卒の方にも読んでいただきたい記事です。

 

サロン選びは難しいですよね。

見学に行っても実際に働いてみないとわからない事も多いですし。

岩澤の経験の中で個人店と大型店(多店舗)のサロンでのメリットデメリットが確実に存在するんです。

そんな経験の中からお互いのメリットデメリットをわかりやすく書いてみようと思います。

 

サロン選びの参考にしていただければ幸いです。

 

 

目次

 

  • ・個人店と大型店の違いを知ろう
  • ・個人店と大型店のメリットデメリットを詳しく解説
  • ・なぜ個人店、大型店のメリットデメリットを知った方がいいのか?
  • ・メリーフヘアーで働くとなれる理容師像とは
  • ・余談…

 

 

個人店と大型店の違いを知ろう

 

ここで言ってる個人店、大型店の定義は、

 

個人店は1店舗でオーナースタイリストが先頭に立って営業しているサロン。

大型店は2店舗以上あるサロン、もしくは1店舗で10人以上在籍しているサロンのことです。

 

同じ理容師でもサロンの規模によって日々の働き方はだいぶ違います。

サロンの特徴を知ることでどっちがいい悪いではなく自分で判断できることが増えると思います。(サロン選びなど)

 

メリーフヘアーは個人店です。

IMG_9734.jpg

_______

 

岩澤は個人店で働いた経験もありますし、4店舗経営(16人サロン)するサロンでも働いたこともあります。

経験をもとに個人店、大型店のメリットデメリットを解説してみようと思います。

 

_______

 

 

 

 

 

理容室、個人店と大型店のメリットデメリットをわかりやすく解説

 

個人店のメリット

  • ・マンツーマンで教えてもらえる
  • ・自分のペースで学べる
  • ・お客様に入りやすい
  • ・スタッフの色が出しやすい
  • ・将来独立のイメージが付きやすい
  • ・早上がりなど時間の融通が利きやすい

 

個人店のデメリット

  • ・仕事量が多い(一人前になるのが早い)
  • ・カリキュラムがある所ない所がある
  • ・一人での練習はやる気が出にくい
  • ・常に同じ店舗で働かなければならない

 

 

 

個人店の特徴はマンツーマンで学べる学習スタイルで近道でスタイリストになる印象。

 

IMG_9801.jpg

人手が足りないため仕事量が多いが、その分一人前、上手くなるのが早いのが特徴です。

マンツーマンで学べるの為、基本的には自分のペースでマイペースに学べる。

同期と競い合ってやる気を出す理容師には向かないかもしれません…。

マンツーマンスタイルなので逆にカリキュラムがないサロンも多く存在します。なあなあになりやすいんです。

 

そう、

個人店の最大のデメリットはカリキュラムがしっかりしていないサロンが多いことです。

いちいちカリキュラムを作らなくても一度にたくさんのスタッフに教えなくて済むからね。

 

 

でも学ぶ方は事前にカリキュラムや、スタイリストまでの道のりが分かる方が絶対働きやすいです。 

 

なのでメリーフヘアーではカリキュラムをしっかり作ってきました。

働く理容師がスムーズに技術習得が出来るように。詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

カリキュラムがあると個人店に就職しても安心だし、中途採用でもどこまで出来ていて、どこから練習すればいいのかわかります。

 

 

他メリットとしてあげた早上がりなどの時間の融通が利くについてはこちらを読んでみて下さい。

 

 

 

 

 

大型店のメリット

  • ・同期と切磋琢磨して技術が学べる
  • ・カリキュラムがしっかりしているところが多い
  • ・休みが取りやすい
  • ・将来のスタイリスト像がイメージしやすい
  • ・経営母体が安定している場合が多い

 

大型店のデメリット

  • ・店舗移動がある
  • ・人間関係が複雑
  • ・スタッフ同士で指名客の取り合い
  • ・1~2年の先輩から技術を学ぶことが多い
  • ・シャンプーやワックスなどの販売ノルマがある
  • ・スタッフが多い分ミーティングが多い
  • ・定時の縛りがある

 

 大型店はスタッフ数が多いのがメリットでありデメリットである感じです。

スタッフが多いから同期と切磋琢磨して技術を学べます。

カリキュラムがあり、ある程度でスタイリストになれるレールがあるイメージ。

 

逆に人数が多いと人間関係が複雑になるし意思疎通が取れるように夜までミーティングが増えます。

技術も店長から学ぶことがめったになく、一つ上の先輩から学ぶことが多いので技術習得スピードはゆっくりになります。

理容のコンテストを積極的に行っているのも大型店の印象です。

IMG_6204 (1).jpg

毎日競争が当たり前の大型店。

現在はコンテスト自体が縮小傾向にありますがまだまだ行っているところも多いです。

 

 

 

 

_______

 

岩澤も大型店時代に積極的にコンテストに出場していました。

コンテスト練習は深夜までが当たり前でスタッフも多いとみんな頑張って遅くまで練習しているので、やる気も出ます。

サロンワークとは違った形で上手くなることが出来ます。

THDC2010 017-001.jpg

 

が、

コンテストはお金がかかる…。

これが経験した感想です。

 

______

 

 

 

 

 

 

結果どちらでも頑張ればスタイリストになれますし、一人前になれます。

ただその過程は違ったものになります。

why?

なぜ個人店、大型店のメリットデメリットを知った方がいいのか?

自分のフィーリングで選んでいいのではないか、そんなに難しく考えなくても大丈夫なのではと。

 

 

なぜか?

 

それは自分に合ったサロンを自分で選ぶ力をつける為。

お互いの良さ悪さを知ったうえで選んだサロン(理容室)は絶対自分に合ってる確率が高いから。

 

選ぶサロンは将来なりたい自分の理容師選び、サロンの情報をしっかり見て考えて選びたいですね。

 

 

 

 

ちなみに

 

メリーフヘアーで働らくとなれる理容師像は

  • ・一人で営業できるスキルが身につく
  • ・女性もカット出来るようになる
  • ・一人前になれる
  • ・閉店後の自分時間を有意義に使える

 

と言った感じです。

この項目に一つでも当てはまる方はメリーフヘアーで働く価値がありますよ。

 

 

岩澤は個人店で働いた経験を活かしつつ、大型店のメリットを取り入れたメリーフヘアーを作っています。

 

 

 

理容師求人.png

メリーフヘアーでは現在求人募集を行っております。

新卒の方、中途の方大歓迎です。

メリーフヘアーに興味がある方はメールかお電話でお問い合わせください。

 

 

 

 

理容師求人トップページに戻る