お電話
blog
2020-06-29 19:10:00

ツイストパーマ、メンズで最低6センチの長さにかけたよ!

ツイストパーマ6センチの長さでかけたよ!

ツイストパーマを初めてかける方によく聞かれる

 

  • 「何センチあればいいですか?」
  • 「ツイストパーマの最短は?」
  • 「短髪ショートでもかけれるの?」

 

そんな疑問をスタイリスト歴18年スタッフがわかりやすく解説します。

 

 

ツイストパーマをかけれる長さ

ツイストパーマをかけれる目安としては6センチとなります。

毛束をねじってツイストのあとがつくのが6センチで、チリチリした質感はねじり具合で調整します。

 

 

長さがあれば強め弱めも出来ます。 短髪でもボリュームがでて個性的なスタイルになります。

 

 

 

メリーフヘアーではツイストパーマ最短6センチからの長さでかけれます。 

美容師によってかけられる長さは個人差ありますが、だいたい6センチ〜8センチあればどんな髪質の方でもツイストパーマをかけられます。

 

ただ、注意していただきたいのが髪のダメージ歴。

 

同じ6センチの長さでもバージン毛(傷んでない髪)とブリーチなどをしているダメージ毛(傷んでいる髪)とではちょっと話が変わります。

 

ダメージし過ぎていると長さがあってもツイストパーマかけれないんです。

(髪が切れちゃうからね)

 

 

 

ツイストパーマをかけたくて髪を伸ばしている方はブリーチはやめましょう。

 

 

短髪でもツイストパーマは出来るよ

実際のスタイルはこちら

 

6センチで強めの短めツイストパーマ

美容院 ツイストパーマ2

ボリューム感があってシルエットも大きめ。

最短でかけれるとは言っても伸びかけの方が落ち着いてきてイイ感じになりそうなスタイルです。

 

 

10センチのゆるめツイストパーマ

4.JPG

6センチのチリチリツイストパーマと違ってボリュームはほどほど、仕上がりからナチュラルな感じです。

 

どうしても短い髪にパーマをかけるときは強めにかけざるを得ないんです。

弱めにかけると1週間でとれちゃうから。

 

だから、自然な感じでパーマ(ツイストパーマ含む)をかけたいときは10センチぐらいあるとかなり余裕で作れます。

 

たかが4センチの差だけどこの4センチが大事。

 

ちなみに髪の毛は1ヶ月1センチ伸びるのでプラス4センチ伸ばしたかったら4ヶ月ガマンです。(ちょっと長いかな…)

 

 

 

 

最短6センチあるか簡単に調べる方法

 

どうしてもツイストパーマ6センチでかけたい人は自分の今の髪の毛の長さを調べましょう。

 

6センチの長さを調べるときはつまようじを使うと便利。

 

つまようじって大体6センチなんです。

だから頭に刺さらないようにつまようじで髪の毛を引っ張りながらつまようじ以上髪があれば短髪のツイストパーマかけれます。

 

髪の毛の長さを調べる場所

上と前髪と耳上と後ろです。

 

上(トップ)

上は必須。

ここが6センチなければまずツイストパーマはかけれないのでかけたい人はガマンです。

絶対6センチほしい場所です

 

前髪

前髪も必須。

出来れば6センチ以上あればいい感じのツイストパーマが仕上がります。

 

耳上

ここはちょっと短くてもオッケー。

耳上は上より短い人が多いと思います。メンズカットの性質上。

 

 

今はツーブロックにしてる人も多いと思うのでツーブロックの人はツーブロックと上の毛の境目の毛を調べましょう。

 

 

後ろ

後ろもちょっと短くてもオッケー。

ネープまでしっかりかけたい人は長さあった方がいいけど、スタイル的にショートネープの方がツイストパーマシルエットがキレイだから1センチ短くてもたぶん大丈夫ですよ。

 

 

 

どうしても髪を伸ばすのが我慢できない時は…

ツーブロックにしちゃいましょう。

メンズショートで慣れてる方は耳周りが伸びるのが我慢できない方が多い印象。

だったらツーブロックにして髪を伸ばす時期を乗り切りましょう。

 

ツイストパーマをかけるときもツーブロックとの相性は抜群なのでデザイン上問題はありません。

 

 

 

ツイストパーマとは

 

 

ツイストパーマは名前の通り髪をねじりながらかけるパーマです。

ツイストしながらパーマ薬をつけて独特なチリチリの質感にします。

普通のパーマはロッドと言う道具に髪を巻き付けて形をつけていくのに対してツイストパーマはねじって形を作るので独特なパーマなんです。

 

 

ねじった髪の束を専用のピンで止めてパーマ剤をつけて反応を待ちます。

 

普通のパーマは専門学校時代にものすごく巻く練習をしますが、ツイストパーマはちょっと特殊なパーマなので出来るスタイリストと出来ないスタイリストがいます。

 

ツイストパーマねじり中の写真

 

ツイストパーマ放置時間

普通のロッドパーマの写真

 

ロッドパーマ比較

 

 

ツイストパーマの強さコントロールは取るブロックの範囲やパーマ剤、ねじり加減など様々な要素でチリチリの強い弱いを表現します。

 

なので経験がものをいうパーマなんです。

そして時間も結構かかります。

普通のパーマの1.5倍から2倍ぐらいでしょうか。

放置時間やねじる時間など丁寧にしないとツイストしないので大変です。

 

 

 

止めるピンはピンパーマで使うシングルピンが一般的

シングルピンで止めるけどねじっているからツイストパーマ。

毛束太いときはダブルピンで止めるときもあります。

 

ただ、束自体が多くなるので小さめのシングルピンが使いやすく良く使われている現状です。

 

他にアルミホイルで巻くサロンや、針金を使ってよりきつく巻く針金ツイストパーマなどがあります。

 

伸ばせないときはピンパーマもおすすめ

かなり短めの長さでもメンズパーマとしてかけることが出来るのでつなぎにかけて髪を伸ばすのもありです。

 

ここでちょっとメンズパーマの種類別、長さの最低を紹介します。

つなぎのピンパーマも。

 

ツイストパーマ以外にも聞かれる

 

 

 

パーマメンズで長さの最低は?

電話の予約時でもいつも聞かれる

 

「どれぐらい長さあればパーマかけれますか?」

の質問。

 

答え

パーマ、メンズでかけれる必要な長さは最低で5センチとなります。

メンズパーマをかける時、最低5センチ髪の長さが必要です。

髪が伸びかけの男性もパーマをかけてセットを楽しむことが出来ます。

 

パーマも種類がたくさんありますが、5センチの髪にはピンパーマ、ロッドパーマが巻きやすく、ベリーショートと相性がいいです。

 

ツイストパーマの場合は毛束をねじってのあとがつくのが6センチで、チリチリした質感はねじり具合で調整します。

 

 

 

ツイストパーマもメンズパーマの中では最短の長さでかけれるほうです。

 

メンズパーマ長さが必要な理由(失敗しないために)

 

パーマって伸ばさないとかけれないよねって男性から聞かれます。

 

そう、髪の長さが長めの方が失敗しにくいからなんです。

 

失敗するのは、メンズパーマで直毛で短髪の方が無理やり細かいパーマをかけるから。

短い髪で失敗するとチリチリのパーマになっちゃいます。

 

長持ちさせたくて強くかかるの嫌でゆるめにかけたい人は、

 

なるべく男性も6センチぐらい髪を伸ばしてからかけると成功します。

 

 

 

短くてもメンズパーマは出来る

 

でも、

メンズのお客様が多い美容院だと髪が短い男性でもパーマはかけることが出来ます。

 

パーマは短いほど難しいんです。

(特に髪が直毛で硬い髪質は難しい)

 

 

なので、短い髪に慣れているスタイリストだとメンズ短髪のパーマの巻く技術も上手い。

 

メンズの短髪のパーマ希望の方ってセットしにくいからパーマをかけることが多いです。

 

 

「髪の長さが足りなくてもパーマかけたい」

 

って言われたら

 

頑張って希望のパーマスタイルに近い髪型まで似せようって思うのが美容師です。

 

ただ、そこではカウンセリングが大切になってきます。

 

 

  • ・直毛のまま伸ばした方が次回のパーマが決まるのか

  • ・今回ゆるめでパーマかけて髪をセットするストレスを軽減する方がいいのか

 

今回から次回ご来店までの(髪が最適な長さまで伸びる)スケジュールを決めます。

 

で、

 

 

 

 

長さが足りなくても当日パーマをかけたいメンズって

 

 

  • ・サラサラで直毛すぎて悩んでいる
  • ・横にピンと立っちゃう
  • ・ワックスで抑えにくい
  • ・前髪上げにくい
  • ・ストレートで違った髪型ができない

 

と短くて髪の収まりが悪いとかのセットのお悩みがあってかける人が多いです。

 

 

美容師側も

 

「髪の長さ足りなくてもパーマかけてあげたい」

 

って思う髪質が

 

直毛でストレートでセットしにくいだろうなぁって思う髪質の方です。

(ツイストかける人ってこの真っすぐ過ぎる髪でセットしにくい人が多い)

 

直毛で横にピンっと跳ねちゃう髪質の方ってセットで悩んでいます。

 

ドライヤーで抑えてワックス付けても一日通してスタイリングが持たなかったり、汗をかいちゃうとまた跳ねちゃったりと。

 

そんな時はちょっと髪の長さが足りなくてもメンズパーマをかけたほうがセットが楽だなって思えるからです。

 

 

横に跳ねなくてもストレート過ぎる方もそうです。

ワックスやバームジェルを使ってもルーズなニュアンスが出せないのは痛いほどわかります。

 

そんな時はゆるめピンパーマで弱めのカールを作るだけでお悩み解決です。

 

パーマをかけるとアイロンセットをしなくても知識がなくても簡単にセットできるのが最大のメリット。

 

シルエットも整えやすくなります。

 

 

短い髪にメンズパーマをしてセットしやすく

 

ギリギリの長さでパーマかける意味はとっても大きいよ。

 

まっすぐな髪質なら毛先にゆるめのパーマだけでも違った髪型になるし、馴染みよくなるので、朝のセットが簡単になります。

 

特にミディアムヘアやロングよりもショートでかけるのはスタイリングのストレスがなくなります。

 

 

セットが苦手なメンズも朝のスタイリングは時短で

 

10分 → 5分

 

って、メリットがたくさん、女子ウケもばっちり。

 

直毛過ぎるメンズショートはゆるめでかけて、人気のメンズマッシュまで3か月かけて伸ばすのもおすすめ。

 

マッシュの場合は前髪とトップの長さは切らずにキープして徐々にカール感を毛先に持っていきスタイルチェンジしていくイメージ。

 

 

何か月か髪を伸ばしてからメンズパーマをかけるのは挫折しちゃう人がいるので、

 

かけたいパーマじゃなくても最適な長さまで他のパーマで伸ばすのは可能だよ

 

 

 

 

メンズパーマ別、必要な長さ

 

 パーマの種類はいろいろあるので1つ1つ必要な長さ最低の説明をしていきます。

種類はツイストパーマ、ピンパーマ スパイラルパーマ、ツイストスパイラルパーマロッドパーマです。

簡単に種類を上げてもこれだけあります。

一つ一つ説明します。

 

 

  • ツイストパーマは6センチの長さが必要



    ツイストパーマは説明した通り6センチの長さが目安です。

     

    ねじってかけるパーマなのでメンズでも長さが必要です

     

    チリチリな質感になるので、短くてもツイストパーマをかけることができればカジュアルで独特なセットを楽しむことができます

     

    欲を言えば8センチあるとかなり美容師目線でやりやすい(ぶっちゃけ) 最低6センチあればかけれますので大丈夫です。

     

    でも6センチのツイストパーマは難易度高め…。

    ツイストなれしていない美容師さんだと断られてもしょうがないかも。

    絶対かけてもらいたい人は6センチより長い髪の状態で美容室に行くのをおすすめします。


  • ピンパーマは5センチの長さが必要



    この中で一番ゆるく、くせ毛風にかけるのがピンパーマです

     

    5センチでもかけれるけど、短いと落ちるのも早い。

    デメリットですね。

    なのでコスパを考えると長さが長いほうが期間を長く楽しめて持ちもいい。

     

    直毛すぎて5センチから髪を伸ばすのができない、いつも断念しちゃうって人は、

     

    かけたいパーマの長さに伸ばすために緩めのピンパーマで乗り越えるって技もあります。

    (パーマかけると髪の長さ伸ばしやすいからね。)

     

    例)

    5センチの状態でピンパーマをかける

    2か月後に7センチになった状態で上からツイストパーマをかける

    これってアリです。

     

    ちょっとコストがかかるけど、絶対髪を伸ばしやすくストレスないです。

     

    この時の美容師さんに伝えるコツは

     

    「次回ツイストパーマをかけたいと思っているけど、長さ足りないから今回はピンパーマでニュアンスだけ作ってほしい」

     

     と言うとわかりやすいです。

    ピンパーマの時の薬剤選定も【普通~弱め】パーマ剤だと次のツイストパーマにも影響はほぼなくかけれます。

     

    ピンパーマはそんな使い方もできます。


  •  

     

  • スパイラルパーマは8センチの長さが必要

     

    スパイラルパーマは正直長さほしいです。 

  • スパイラルパーマ

    スパイラルパーマはこんな質感。

    立てに落ちながらリッジのあるきれいなパーマ。

     

    長さ足りなくて無理くりかけるとスパイラル状にならないので断るケースも…。


  • ツイストスパイラルは7センチの長さが必要


    ツイストとスパイラルの中間ですね。

    ツイストさせながらスパイラル状にロッドに巻き付けていきます。

     

    ツイストパーマより立体感のあるパーマで今一番人気です。

    みんなツイスパって呼んでますよね。

     

    ツイストやツイスパ(ツイストスパイラル)はツヤのあるワックスをつける前提でパーマをかけるとゆるくダメージの少ないパーマをかけることができます。

     

    ツヤのある整髪料との相性めっちゃいいしね。

     

     

  • ロッドパーマは6センチの長さが必要

     

    ロッドパーマで短い髪にかけると大仏さんみたいなクリックリのおばちゃんパーマになりやすくなっちゃいます。

     

    ロッドの配列にもよるけど、ロッドパーマは持ちがいいのが特徴です。

    地毛の髪が伸びてきてもなじみがいいので使いやすいパーマです。

     

    巻いてる最中は面白い事になってるけど(笑) 

    IMG_4446 (1).jpg

    ロッドが巻かれてターバンして薬塗って時間置くシュールナ時間ww

     

 

 

 

 

 

 

いろいろあるけど髪質もかなり重要

 

髪質でもパーマに必要な長さは変わってきます。

特に硬い髪質の方は書いた長さより+1センチあるとベターかなと。

 

 

柔らかい髪はと普通の髪質はそのままの長さでオッケーです。

 

 

 

 

 

ツイストパーマの印象

ツイストパーマの印象は強さや長さによってかなり差が出ます。

 

強くツイストするほどワイルドな印象でボリュームも出やすくなります。

美容院 ツイストパーマ2

 

 

一歩間違えるとやんちゃな人っぽくなりやすいのでツイストパーマの強さ設定は担当スタイリストさんとよく話して決めることをオススメします。

 

ただ、ボリュームが全くでないサラサラストレートな髪のメンズは強くかけても取れやすかったりするのでかけたては強めで2週間から1ヶ月後に馴染むようにかけてもいいと思います。

 

 

弱めで長めの髪にかけるとソフトな印象に。

長さ10センチぐらいでマッシュベースにツイストをかけるとかなり柔らかい印象になります。

ツイストマッシュは初めてかけるメンズにオススメの髪型です。

ツーブロックでネープは刈上げにするとあか抜け感も出てスタイリングもしやすくなります。

1 (23).JPG

 

ツイストパーマにはワックスがオススメ

メンズスタイリングの万能、ワックスが一番オススメ。

付け方は半乾きでもフルドライでもいいので全体にワックスをつければ完成です。

 

つまんだりねじったりしなくていいのがツイストパーマの楽でいい所。

 

シルエットは基本的にカットラインでコントロールしています。

なのでマッシュベースかソフモヒベースかはカウンセリング時にスタイリストに伝えるとスタイリングがばっちり決まりますよ.

 

 

 

 

ツイストパーマの値段

メリーフヘアーのツイストパーマの値段は

 

カットツイストパーマで15700円(+消費税)

 

カットツイストパーマハーフで11200円(+消費税)

 

です。

ぜひご検討ください。