お電話
blog
2021-07-15 14:26:00

パーマ、ノーセットでワックスなしをかっこよく

 

パーマのノーセットでも大丈夫

 

毎日ワックスなんて付けなくてオッケー

お客様によく聞かれる

「パーマって毎日ワックス付けないとダメなんですか?」

 

「パーマのノーセットってどんな感じですか?」

 

 

初めてのパーマはわからないことがたくさんですよね…。

 

そんなパーマをかけたことない人にわかりやすくパーマノーセットの質問をわかりやすく。

 

 

 

答え

 

ワックスつけても付けなくてもパーマの持ちは変わらない。

 

パーマ後、ノーセットで過ごしても、毎日ワックスをつけてもパーマの持ちは変わりません。

パーマでワックスなしのセットなしも無造作で抜け感がありかっこよく仕上がります。

ノーセットでもスタイリング剤を付けないだけで、ドライヤーでラフにブローはする方がおすすめです。

 

 

 

パーマは毎日のセットで持ちが変わることはほぼありません。

 

なので

 

「毎日セットしないとパーマのウェーブがなくなっちゃう」

 

と考えるのは間違いです。

 

 

 

パーマは濡れているときにウェーブが出るので正しくセットすれば長くパーマを楽しむことができます

 

 

 

パーマでワックスなしでも無造作がかっこいい

 バレる ゆるスパイラルパーマ ニュアンスパーマ デジパ

 女子ウケアイロン 巻き

 

パーマのワックスなしは軟毛、直毛の髪質の方にとくにおすすめ。

 

 

  • 軟毛
  • 直毛
  • 硬毛

 

 

こんな髪質の方ってワックスなしのノーセットの時って髪型がキマりにくいですよね。

 

そんな方は初めからノーセットを頭に入れながらパーマをかけると、ワックスなしでもスタイルがきまります。

 

 

パーマのノーセットでも

 

 

  • 軟毛はボリュームアップしやすく
  • 直毛は自然な毛流れを作りやすく
  • 硬毛はまとまりやすく

 

 

髪が扱いやすくなるんです

 

 

パーマは髪質の悩みを解決してくれるよ(経験者→かけたことない人へ)

ラクだよ

 

 

 

もちろんセットをした時にもパーマのメリットがありますが、ワックスなしのノーセットでもパーマをかけるメリットを感じる事が出来ます。

 

 

 

 

もし、毎日のセットでやりにくい事がある場合、担当の美容師さんに悩みを伝えてください。

 

大抵はパーマや縮毛矯正、カラーなどで悩みの解決案を出してくれます。

 

長く担当してもらってる美容師さんだとよりあなたの髪質を理解していて仕上がりとカウンセリングの擦り合わせがスムーズだと思います。

 

 

 

 

 

 

パーマの原理を知っておく必要がある

パーマは塗れている時の100%

 

乾いているときの70%

 

を理解で無造作ラフに

 

パーマって二種類あります。

 

  1. コールドパーマ
  2. デジタルパーマ

 

 

メンズの場合はほとんどコールドパーマ。

 

 

コールドパーマって濡れているときにウェーブが100%出ます。

 

乾かすと70%のウェーブになります。

 

乾くとパーマがゆるくなります。

 

だからノーセットの場合はこの70%をコントロールしていい感じにまとめるのが大事。

 

 

ドライヤーで乾かしている最中に

 

100% → 90% → 80% → 70% 

 

という感じでウェーブが弱くなります。

 

 

 

その時の乾かし方で

 

 

  • ノーセットでもキマるパーマ
  • ボサボサパーマ

 

の差が出るんです。

 

 

実際何もしないボサボサの寝癖はこんな感じです。

(パーマ歴10年の寝癖)

 

 

 

メンズの髪型でパーマセットなし画像

 

パーマは寝癖がつきやすいからノーセットといっても寝癖直してドライヤーで乾かす事はします。

 

 

 

 

・寝癖

・実際のノーセット

・ワックスなし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パーマのセットしない状態なら、ゆるめな毛流れが女子ウケ

 

パーマのセットしない状態ならゆるめな毛流れを作ろう。

 

乾かすとゆるくなるパーマの特性を活かして直線的な動きではなく、ゆるく動く毛流れがおすすめ。

 

直線的な動きよりゆるく動く髪は柔らかい印象が作りやすくウケがいいです。

 

ナチュラルな動きの出やすいパーマであれば顔の輪郭に沿うように動きが出て小顔効果もあります。

 

 

硬毛で直毛は乾かしただけだとセットした感じが出しにくくどうしてもダサい印象になりがち。

 

乾かしただけでキマるのはパーマのゆるい動きが必須。

 

 

 

 

ノーセットで動きのある無造作で決めるならメンズでもレディースでもヘアケアは必須。

 

ヘアケアでおすすめなのは流さないトリートメントのオイルタイプ。

 

 

 

 

ノーセットでもヘアケアはオイルでパサつき予防 

 

 

 

ノーセットの最大の欠点は毛先のパサつき。

 

これがあるとせっかくパーマをかけたのに老けて見えちゃうし、手入れをしていないように見えるのでもったいない。

 

 

ヘアオイルはお風呂上りと朝の寝癖を水スプレーでとって乾かすときにつけるだけ。

 

簡単なんです。

 

 

毎日の習慣にできるとパーマのノーセットのデメリットが解消されます。

 

 

 

オイル系のトリートメントはつける時だけ手がべたつくけど、乾いてしまえばサラサラになってノーセットの質感と相性が抜群。

 

 

メンズでも始めやすいヘアケアです。

 

 

もちろんお風呂でのシャンプーやトリートメントなどをダメージ用のものを使うなども有効ですが。

 

 

 

 

 

ツイストパーマノーセットはこんな感じ

 

ツイストパーマワックスなしはボサボサ感あります。

 

ツイストパーマでもソフトにかけるのとハードにかけるのだとノーセットの印象が変わります。

 

 

ソフトなツイストパーマはノーセットでも自然な動き。

 

ソフトなパーマの良さはこんな所にあります。

 

逆にハード系のツイストパーマはノーセットだとボサボサ感が強く出ます。

 

寝癖をとって乾かさないとシルエットもキレイに整わないです。

 

 

なので、ハード系のツイストパーマはセットすること前提のパーマだと思います。

 

 

 

でも、

 

 

ハード系のツイストパーマでもかけたて1ヶ月はノーセットでもきまります。

それはリッジがキレイにでてくれるから。

 

パーマかけたてはツイストのねじりの質感がキレイなんです。

 

 

そこから時間がたつと、だんだんねじり感がゆるくなってチリチリっぽくなっちゃうので、かけ直すかカットするかしないといけません。

 

 

 

ツイストパーマワックスなしだとチリチリ

 

ツイストパーマのワックスなしはチリチリ感が強く出るのでヘアケアをおすすめしています。

 

 

そうするとパサつきも抑えられてデメリットも解消できます。

 

 

どうしても濡れている状態がパーマのウェーブが出る原理なので、乾かすとパサつきが出ちゃうんです。

 

 

 

 

 

 

 

パーマのノーセットおすすめの髪型

 

ノーセットでもいい感じの髪型メンズはマッシュがおすすめ。

 

王道マッシュにゆるめパーマで内側をツーブロックで黒髪でも重くならないように。

 

メンズで短髪のパーマはノーセットに合いにくいのでおすすめしません。

 

センターパートやミディアムもノーセットのアンニュイなニュアンスが出ていいです。

 

 

ざっくりいうと長めのパーマスタイルがワックスなしのスタイルに合います。

 

 

レディースのノーセットパーマワックスなしのおすすめの髪型は

 

短めならショートボブ

 

ショートボブならゆるめパーマでワックスなしでもシルエットがキマります。

 

特に切りたての襟足がタイトに収まるときはノーセットでも小顔効果があっておすすめ。

 

ツヤ感が出るようにヘアケアをしていれば耳掛けスタイルもいいですね。

 

 

 

 

 

 

長めならミディアム、ロングの毛先内巻きワンカール

 

毛先ワンカールはセットしやすくスタイリング剤などがなくても自然に見えます。

 

乾かすときに指に巻き付けるように乾かして内巻きに仕上げればオッケー。

ロングのワックスなしやアイロン、コテなどを使わない場合はツヤ感が出にくいので乾かす前の流さないトリートメントのオイルでツヤ感を入れるようにするとこなれ感があります。

 

 

せっかく毛先ワンカールしていてもパサパサだともったいないですからね。

 

 

 

ノーセットなら髪型のデザインに変化を

 

 

ノーセットワックスなしは髪型にメリハリがつけにくいです。

 

トップにボリュームが出にくかったり毛束が作りにくかったりと。

 

なのでノーセットが前提なら髪型でメリハリをつけるようにするのがおすすめ。

 

 

  • 前髪をちょっとアシメ
  • ツーブロック
  • 眉上バング
  • インナーカラー
  • ハイライトメッシュ

 

 

など。

パーマ、カラーは相性がいいのでカラーで立体感のあるデザインを作るのもメリハリがつけやすいです。

 

 

 

 

 

 

ノーセットでオフタイムを感じたら

しっかりセットも気分転換キマる

 

セットでくしゃっとパーマ感を出してラクに束感を仕上げる

 

ノーセットでオフを楽しんだら、しっかりセットでパーマをより楽しむのもGOOD!

 

パーマは半乾きでムースやワックスなどのスタイリング剤をつけるとオッケー。

 

内側もまんべんなくつけるのがコツです。

 

 

初心者はムースが簡単です。

おばちゃんパーマになるかならないかはカウンセリングのオーダーできまるので写真で仕上がりの束感を伝えましょう。

 

ボリュームあるクリンクリンのシルエットもパーマ慣れしてきたメンズにはおすすめ出来ます。

 

 

ジェルで仕上げるとよりウェットな仕上がりでパサつきも軽減。

 

セット方法はパーマをかけた美容師さんに聞くのが一番です。

 

美容院でセットしてもらって、その時にコツを聞くのがセットが上手くなる第一歩です。